ORIGINAL VIDEO ANIMATION SERIES MOBILE SUIT GUNDAM THE 08th MS TEAM

モビルスーツデータ連邦軍ジオン軍

ジオン軍の試験用MS。MS-06ザクUの上半身に、MS-09Rリック・ドムの下半身を取り付けたようなアンバランスな外観が特徴で、脚部の熱核ロケットエンジン試験が本来の開発目的だったことを物語る。パープルとブラックのカラーリングも、リック・ドムの系譜に連なるものであろう。もっともアイナが本機に登場した段階では、技術的トライアルはほぼ完了していたらしく、地球近傍の連邦軍勢力下でジムとの交戦データ収集を行っていた。この戦闘で、護衛機のザク3機を伴った本機は、ルナツーから出撃した2機のジムを撃墜。サンダースの搭乗する残り1機をスクラップにしたものの、増援として現れたシローのボールK型に破壊され、戦闘データを失った。

一年戦争でジオン公国軍の主力機であった、MS−06ザクUの地上型。同機の主なバリエーションには宇宙用のF型と地上用のJ型があるが、このJC型は後者のマイナー・チェンジ版である。外観的にはJ型同様、ふくらはぎ部のアポジモーターをオミットし装甲カバーを取り付けてあるのが、地上用ならではの特徴だ。さらにJ型との比較では、ザク・シールドに3本のスパイクを追加し、コックピット・ハッチの開閉方式をよりシンプルに改良。上方向に開いた胸部パネルからウィンチ式のワイヤーを垂らすことで、パイロットの乗降を簡易にしている。武装面でもザク・バズーカが弾装式に改良されるなど、細やかな仕様変更が見られる。東南アジア戦線とアプサラス開発基地に配備されたのは主にこのJC型で、シローが着任した当初の08小隊と幾度も激戦を繰り広げた。

ギニアス・サハリン技術少将を中心に、ジオン軍が極秘開発していた巨大MS。連邦軍本部ジャブロー基地の攻撃を目的に開発されており、敵防衛線を突破可能なミノフスキー・クラフトによる高高度飛行能力と、山をも削る威力を備えた大型メガ粒子砲を備えている。この「II」型は、非武装の飛行能力試験機だった「I」型に大型メガ粒子砲を実装し、両者のマッチング・テストを行っていたタイプ。だが、射撃時の機体バランスには未だ課題を残していた。また、実機は東南アジアの砂漠地帯にある射爆実験場でのテスト中、連邦軍コジマ大隊の第08MS小隊に発見され、シローの陸戦型ガンダムもろとも雪山に墜落。回収の際に連邦軍部隊との遭遇戦が発生したため、機密漏洩を防ぐべく自爆させられたが、残骸を調査した連邦軍情報部によって、その性能と開発目的を暴かれている。

ジオン軍が開発した史上初の量産型MS。当然最も旧式の機体であるため、内臓式動力パイプの非効率やジェネレーター出力の低さなど、設計段階から多くの欠点が見られ、後継機ザクUの登場により、すでに開戦当時には二線級兵器となっていた。とは言え、生産された機体のほとんどが実戦参加しており、一年戦争開戦当初の電撃戦で果たした役割は小さくない。シローが所属していた士官学校があるサイド2のコロニーに毒ガス兵器を使用し、住民を虐殺したのも本機である。また、地球降下作戦後も数の不利を埋めるべく多くが使用されており、オデッサ戦線にも投入。敗残兵となったトップ小隊でも、小隊長機はこのザクTであった。この時トップが使用した機体は、腰部スカートアーマーにザクマシンガンのマガジンをマウントし、同背面にはウェポン・ラッチを取り付けてある。

ジオン公国軍初の局地専用機、MS-07Bグフの改良型。原型機は対MS格闘戦でこそかなりの実力を発揮したものの、固定武装化によって遠距離攻撃能力や汎用性に難があったため、全面的に設計を見直している。左手の5連装フィンガーバルカンは通常のマニピュレーターに変更し、右腕のヒートロッドもワイヤー型とすることで軽量化。低下した火力は3連装ガトリング砲や、ヒートサーベルもマウント可能なガトリング・シールドなどのオプションで補い、遠距離攻撃性能と運用性、整備性が大幅に向上した。主にエース級のパイロットに優先支給されたようで、東南アジア戦線ではノリス・パッカード大佐が愛機として使用。アプサラス開発基地攻防戦において、味方艦の進路を切り拓くべくガンタンク部隊を全滅させ、航空機すら一刀両断するなど、鬼神のごとき強さを見せ付けた。

ジオン公国軍の局地専用重MS。地上戦でネックとなるMSの移動速度向上を主眼に開発された機体で、最大の特徴は脚部と腰部のフレアに内蔵された熱核ジェットエンジンによるホバーユニットである。これにより、MSの脚を使って「歩く」ことなく、ホバー推進によって地表を「滑る」ことが可能となり、機動性が飛躍的に向上。重MSに相応しい装甲と火力も相まって、多大な戦果を挙げた。また一年戦争終盤には宇宙用MSとしても転用され、基本設計の優秀さを証明している。その特異な形状から、連邦軍将兵は「スカート付き」と揶揄していたが、それも本機の恐るべき性能と無縁ではあるまい。もっとも、アプサラス開発基地守備隊に配備された機体は、もとより攻撃向きの機体特性を活かし切れなかったのか、連邦軍MSの猛攻によって多数が撃破されている。

高コストゆえに慢性的な数不足に悩まされいたMSの補助兵器として、ジオン公国軍が開発した陸戦兵器。形態としては自走砲に近いが、コックピットを備えた砲塔部分が分離して単独飛行も行えるという、奇想天外な特徴を持つ。通例、分離後の砲塔部分は「マゼラトップ」、車体部分は「マゼラベース」と呼称され、前者はVTOL機能による空中静止も可能。そのぶん取り得る戦術の幅は広く、環境によってはザクに匹敵する戦果を挙げたと言われている。また、主砲ユニットはほぼそのままMSの携行兵器「マゼラトップ砲」としても流用可能であり、総じて戦闘力、運用性の両面において、連邦軍主力戦車の61式よりは優れていたと言えよう。もちろんMSとは比べるべくもないが、東南アジア戦線ではわずか3両の本機で連邦軍MS小隊と伍した猛者もいたと伝えられている。

ジオン軍が開発した水陸両用MSの一種。その用途から高出力ジェネレータの装備が不可欠であり、結果極めて高コストであった水陸両用機の「廉価版」として開発された機体である。最大の眼目は、水冷式に改造したザクIIのジェネレーターを流用していることで、これにより驚くほどの低コスト化を実現。さらに副次効果として発熱が抑えられた結果、パッシブ赤外線センサーに対するステルス性も向上し、偵察任務などに使用されることが多かった。当然、本機最大の活躍は、南米の連邦軍本部ジャブロー基地攻略戦となるのだが、オデッサ戦線でも実戦投入が確認されている。さらにうち1機は、片腕を失ったまま同基地より撤退中のガウ攻撃空母に搭載され、東南アジア戦線で08小隊と遭遇。カレン・ジョシュワ曹長の陸戦型ガンダムを小破に追い込むという活躍を見せている。

ジオン軍の機動巡洋艦、ザンジバル級の一隻。サイド3、地球間の長大な補給線維持を目的に開発された同級は、公国軍艦船としては唯一のリフティング・ボディを持ち、単独での大気圏突入能力と大気圏内での巡航能力を備えていた。もちろん専用の大型ブースターを用いれば大気圏離脱も可能であり、地上における戦局が劣勢に転じて以降は、HLVと並ぶ宇宙への脱出手段としても頼りにされたようである。アプサラスの開発拠点、チベットのラサ基地に配備されていたケルゲレンも、事実上の脱出艇だったようで、離陸用プラットフォームは使用直前まで隠蔽されていた。この時、同艦には多くの傷病兵が収容されていたため、アイナはその脱出を賭けてイーサン・ライヤーと捨て身の交渉を敢行。だがその高潔な行いは、ギニアスとイーサンの暴虐に打ち砕かれてしまう。

MS-07グフに飛行能力を与えたバリエーション機。もともとグフは、開発段階から「重爆撃機ド・ダイYSの背に載せて行動範囲を広げる」という運用を想定されていたが、一方で機体そのものを飛行されるプランも検討されており、07Hの開発ナンバーを持つ多くのテスト機が開発されていた。その多くは、満足な性能を得られないばかりか事故を頻発する欠陥機であったが、最終形となるこのH8型に至り、脚部と腰部の熱核ジェットエンジンによって安定した飛行性能を実現。ごく少数が量産され、チベットのラサ基地にもアプサラスの護衛機として配備されていた。もっとも、さすがに航続距離や機動性は望むべくもなかったようで、MSの飛行プランは本機を最後に途絶。機動性と行動半径の拡大という命題は、MS-09ドムの熱核ホバーによる高速移動へと引き継がれた。

ギニアスが開発スタッフに劇薬を打ってまで完成させた、アプサラスの最終型。アプサラスI、IIで懸案となっていたミノフスキー・クラフト用の電力不足を、リック・ドム3機分のジェネレーターを搭載することで解決したばかりか、ミノフスキー・クラフト自体も倍の2基に増設。大型メガ粒子砲と併用してなお、エネルギー切れが起こらないほどの高出力を実現した。さらに機体下面から3本の固定用脚部を展開することで、射撃時の姿勢も安定。大型メガ粒子砲は火力を調整することで多砲門レーザーのような使い方もできるなど、もはやアプサラスUとは別次元の機体に仕上がっている。事実ラサ基地攻防戦の最終局面では、敵MSのほとんどを瞬時に破壊したばかりか、連邦軍旗艦のビッグ・トレーも山ごと貫いて破壊。搭乗者ギニアスの狂気を、凄まじい破壊力で見せつけた。

© 創通・サンライズ
お問い合わせはこちら
注意:内容および画像の転載はお断りいたします。